ネイルケアと道具

セルフでネイルケアするために必要な道具は何があるの?

ネイルケアはお肌の手入れと同じようにケアを心がけることで美しく健康的な爪にすることができます。
なかなか爪がきれいに伸びないという方も、少しの道具があれば短時間でもネイルケアを行うことが出来るのです。

負担のかかる爪切り

ネイルケアには無関心だという方も爪切りはほとんどの方が使っているものです。
爪は伸びたら切るものというイメージが強いのですが、実は爪を切るという行為は爪にかなりの負担がかかっているのです。
さらには二枚爪などのトラブルも引き起こしてしまうこともあります。
なにより、爪切りだけでは爪もきれいに伸ばすということが難しいのです。
ですから、伸びた爪にはエメリーボードの使用がおすすめです。
爪先を削るやすりで爪に負担がかからないように削ることができ、爪の形も整えることが可能です。
エメリーボードはネイルケアの第一歩でもあります。
ドラッグストアなどで気軽に購入が出来ますので、まずはエメリーボードの使用から始めるのが良いでしょう。

ささくれはしっかりケア

ささくれが出来てしまった時、無理やりむしりとったりしていませんか。
無理に引っ張ったりすることで傷が広がってしまい菌が入り込み、炎症を起こしてしまう恐れもあります。
ささくれの処理にはキューティクルニッパーの使用がおすすめです。
はさみのような形をしたネイルケアの道具で、ささくれや古い甘皮、角質などの除去にとても便利です。
キューティクルニッパーで処理をした後は、キューティクルオイルなどをしっかり塗って保湿をすることが大切です。
オイルを使って指先のマッサージをすると保湿効果も得ることができます。

基本のネイルケアを行った後はバッファーを使い爪の表面をピカピカに磨き上げる道具を使用することで美しい爪に仕上げることが出来ます。
ネイルケアの道具を正しく使うことで、美しくトラブル知らずの指先に仕上げることが可能なのです。
まずは基本のケアから少しずつ始めてみましょう。