ネイルケアの基本

ネイルケアの基本?甘皮処理の方法と適切なペースについて

ネイルサロンでは必ず甘皮処理を行ってくれます。
甘皮が伸びてしまうと爪の輪郭がぼやけてしまいます。
それが原因でネイルがはげやすくなってしまったり、見た目が悪くなってしまうのです。
ジェルネイルやマニキュアをやっている方も、甘皮処理を行うことで今以上に爪を綺麗に見せることが出来ます。
さらに、ささくれや二枚爪の防止にも繋がります。

効果的な頻度は?

甘皮処理が重要といっても毎日やる必要はありません。
毎日のようにケアしてしまうと、爪の発育障害をもたらすことにもなります。
さらには皮膚が細菌感染を起こしてしまう可能性もありとても危険なのです。
以上のことから、10日から2週間程度のケアが理想的といえます。
甘皮をあまり触りすぎてしまうことでもトラブルが起きてしまう可能性があります。
甘皮処理は気が付いたら処理をするという程度の心がけで十分といえます。

甘皮処理の方法は?

甘皮処理を始めるときはお風呂上りが一番良い状態です。
お風呂上がりは甘皮が柔らかくなっているのでケアが行いやすいのです。
お風呂上がりのケアが難しい場合は、お湯を張ったボウルに指を入れて数分待ってから行うと良いでしょう。
また甘皮を柔らかくするキューティクルリムーバーを使用することでも行うことが可能です。
甘皮が柔らかくなったら、コットンを巻き付けたウッドスティックを使い、甘皮を少しずつ押し上げていきます。
このとき力は入れないようにあくまで優しく押し上げます。
力を入れてしまうと爪に負担がかかり爪が傷んでしまう可能性があります。
ウッドスティックなどがない場合は綿棒で代用しても良いでしょう。
このようにして甘皮処理が完了した後は必ず保湿をしっかりと行いましょう。
しっかりと保湿をすることで健康的な爪が生えてくるようになります。
また

甘皮処理を行うことで様々なメリットがあります。
その一方で処理のやりすぎや間違った処理方法で行ってしまうとせっかくのケアも台無しになってしまいます。
処理の頻度を方法を守りながら健康的な爪を目指しましょう。