ネイルケア豆知識

食べ物によるネイルケアとは?爪への健康を考えた食品選び

爪は意外と悩みが多い部分でもあります。
爪が薄くなってしまったり、いつのまにか折れてしまっていたりとトラブル起きやすい箇所でもあります。
お手入れや乾燥対策をしていると方でも、爪が弱く、ジェルネイルなどを何度も行うことで傷んでしまうという方もいるのではないでしょうか。
健康で綺麗な爪を目指すには、ネイルのお手入れの他にもバランスの良い食事がとても重要なのです。

爪は健康のバロメーター

爪は体調や食生活の影響がすぐに出てくる場所でもあります。
栄養が不足していると、爪の表面がぼこぼこしてしまったり、二枚爪などを引き起こしてしまうのです。
肌トラブルが起きてしまうのと同様に、不摂生な生活を行っていると栄養が届きにくくなり、爪にも影響が起きてしまいます。
爪は皮膚が角質になったもので主成分のケラチンというたんぱく質を摂ることがとても大切です。
ケラチンが不足していると、健康な爪は生えて来なくなってしまうのです。
ケラチンは肉類や魚類、大豆製品などに多く含まれています。
動物性たんぱく質は爪に弾力性を与え、植物性たんぱく質は爪を丈夫にしてくれるのです。

バランスよく栄養を摂ることが大切

爪を健康に保ちたいからと言ってもただ単にたんぱく質ばかり摂取すればよいと言わけではありません。
たんぱく質の他にもビタミンや鉄分、亜鉛などが必要になります。
ビタミンや鉄分は爪を丈夫にする為に必要な栄養となります。
また、爪が反り返っている方は鉄分不足の証拠なので鉄分を積極的に摂ることが大切です。
さらに亜鉛は新陳代謝に欠かせないミネラルですので、爪が伸びるためにも必要な栄養です。
なかなか爪が伸びなかったり、爪がよく変形するといった方は亜鉛不足の可能性もあります。
爪の状況をしっかりと確認して、特に足りていない栄養は積極席に取るように心がけていくのがとても重要です。

爪のお手入れもとても大切ですが、バランスのとれた食事を心がけることになることで本来の健康的な爪が生えてくるようになります。
さらに栄養に合わせて睡眠などもとても大切です。
規則正しい生活を心がけて健康的な爪を手に入れましょう。