ジェルネイルとは

今回は、あまり男性には縁のない内容ですが、ジェルネイルについてまとめていきます。

ジェルネイルとは人工爪の1種で、ゲル状のアクリル樹脂を自分の爪の上に塗りながら形を整えて作り上げていくタイプのネイルです。
アクリル樹脂にはUV(紫外線)を当てることにより硬化するという特徴があるので、形を整えた後にUVライトを照射して固めていきます。

ジェルにはハードジェルとソフトジェルの2つのタイプがあります。
そのままですが、ハードジェルは固いタイプで、ソフトジェルは自分の爪のような柔らかいタイプのジェルです。

ジェルネイルのメリットとして上げられるのは、
・長持ちする(2~3週間くらい)
・自然な仕上がりになる
の2点です。

長持ちする

ジェルネイルは耐久力があり、自爪にしっかりとくっ付けるので長持ちします。
2週間くらいは綺麗な状態を保つことができますが、大体3週間くらいを目途にしてオフする(外す)といいです。

以前のネイルの主流はマニキュアでしたが、マニキュアは数日も経てば爪の先から剥がれてくるので、今のネイルの世界ではジェルネイルが主流になっています。

ただ、数週間付けたままにするので自爪への負担が大きく傷つきやすいのがデメリットにもなります。

自然な仕上がりになる

ネイルに使用するジェルは透明度が高く艶があり、また自爪を土台にしてネイルを施していくので、とても自然な仕上がりになります。

また、UVライトを当てるまでは固まらないので、爪に模様を施しやすく綺麗に仕上げることも可能です。
さらに、ジェルネイルはぷっくりとした感じに仕上がり、カラーを混ぜて色を出すこともできるので、可愛い感じに仕上げることもできます。

オフ(ジェルネイルを剥がす)

ジェルネイルは爪にしっかりとくっついているので、剥がすのが少し面倒です。
が、無理やり剥がさずに、アセトン入りの専用リムーバーを使ってふやかしてから外します。

・ジェルネイルの表面を削る

・リムーバーをしみこませたコットンを乗せてアルミで巻く

・さらに手の周りをラップで巻いて保温する

・そのまま10~15分程放置するとジェルがふやけてくるので、プッシャーなどで除去する